ジェネリック医薬品を活用|薄毛対策は口コミで探せ!ハーグ療法や植毛で毛をフサフサにしよう

通販で購入できるフィンペシアは安価で薄毛対策ができる

ジェネリック医薬品を活用

サプリメントを持つ人

薄毛対策の救世主・フィンペシアとは何か?

フィンペシアは男性型脱毛症に有効的な飲む育毛薬です。フィンペシアは、男性型脱毛症に有効的な医薬品のプロペシアと同じような効果があり、ジェネリック医薬品としてプロペシアよりも安価な金額で販売されています。
有効成分としてフィナステリドが1mg含まれており、男性型脱毛症に最も効果が高いA評価を得ている治療法として日本皮膚学会にて認められています。日本国内では現在プロペシアしか入手することができません。ところがプロペシアは一般的に1錠250円と高額なことから、ジェネリック医薬品のフィンペシアを個人輸入している人が増加しています。

ジェネリック医薬品の魅力は「価格」

ジェネリック医薬品は最近では、テレビやインターネットなどで目にする機会が増えています。価格が安い医薬品という認識があっても実際はどのようなものかは明確に理解している人は少ないです。普段調子が悪くなるとドラッグストアや病院にて入手することができる薬には、先発医薬品と後発医薬品という2種類に大きく分けることができます。
薬は開発した企業は同じ成分の薬を他の企業が販売しないように特許を取得します。取得した特許があると約20~25年の間薬を独占製造することができます。独占製造している薬が先発医薬品です。先発医薬品は開発までの研究に約10~20年、開発費として150億~1000億ものお金が掛かるため販売されるときには高額になります。後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ばれておりますが、価格が安い理由は開発に掛かる期間や労力が安く済むからです。
すでに承認されているい先発医薬品と同じ成分で販売することができるだめ開発までに時間を掛けず費用も5000万円から先発医薬品の半分の金額に抑えることができます。金額が安くても有効成分は同じであるため、薬としての基準をクリアしています。費用を削減することができ家計に優しい薬です。病院にて先生や薬剤師の方と相談して活用していきます。

フィンペシアを入手する方法

フィンペシアは日本では認可を受けていないため国内での入手はできません。海外から入手するのみとなります。
・海外で購入する
・個人輸入を行う
・個人輸入代行サービスを利用方法
・海外にいる知り合いにお願いする
などの方法があります。ところが、海外に行く手間や個人輸入の手続きは大変手間が掛かります。一般的な入手方法は個人輸入代行サービスを利用する方法です。
個人輸入代行サービスには面倒な書類の記入などはなく、商品を注文すると通関や配送など本来個人輸入の際には自分で行わなければならない手続きを代行サービスが変わりに行ってくれます。個人輸入ですが通常のネット通販を利用しているイメージで購入できます。

オトクに買えるチャンス!フィンペシアは通販で購入しよう

プロペシアはクリニックや病院への診察が必要です。しかし、ジェネリック医薬品となるフィンペシアはプロペシアの半額以下で購入できるだけでなくさらに通販を利用してネット購入することができます。
ネット通販を利用するおすすめの理由は、
・価格が安く、サイトによってはクーポンや割引を利用して購入することができます。
・インターネットでの購入のため、いつでも、どこでも時間に関係なく、誰にも知られずに購入することができます。
・クリニックなど診察する必要なく購入できるため時間と費用を抑えることができます。
・お試し用があるため、いきなり多量の医薬品を購入するには心配・躊躇するというときに気兼ねなく利用することができます。
などがあげられます。

広告募集中